ポリゴンテクスチャ

人材を選ぼう

エンジニアを選ぶ必要があるアプリ開発

スマートフォンの広まりによってビジネス戦略としてアプリを活用した顧客の獲得やサービスの展開がなされるようになってきました。スマートフォン業界はandroidとiOSの2つが主要な位置を占めていることかrあ、これらのいずれかを用いたアプリ開発が盛んに行われるようになっています。 しかし、企業としてはandroidによるアプリ開発を行える人材を持ち合わせていないことも多く、アウトソーシングすることが一般的です。それを担えるフリーエンジニアも漸増してきていますが、実際にはandroidによる開発に特化した人材は少ないということに注意する必要があります。スマートフォンではユーザーが動きのある入力をしますが、それを駆使するという観点はパソコンのソフトウェア開発に長く携わってきた人にとって持ちにくいものであり、よりユーザーが使いやすいアプリ開発を望むにはandroidなどを用いた経験が豊富な人を選ぶ必要があります。

OS依存性が問題ならブラウザ上のプログラムという視点

androidによるアプリ開発ではandroidをOSとして利用しているユーザーが対象となるアプリになってしまうというデメリットがあります。もしiOSに対応したい場合には別途に開発を行う必要がありますが、その場合にはandroidによるアプリ公開よりも厳しい審査が行われることになってしまいます。 もしそういったOSに対する依存性をなくしたいのであれば、ブラウザ上で動作するプログラムとしてしまう方法もあることは念頭においておくと良いでしょう。アプリの方がユーザーにとっては使い勝手がよい場合もありますが、ブラウザ上で動作するものとすることで、開発における手間とコストを削減することが可能になるのです。